ストレートプレイ・朗読

2015年6月 3日 (水曜日)

ラヴ・レターズ

LOVE LETTERS 2015 25th Anniversary 2015年6月3日(水曜)~2015年6月7日(日曜)
PARCO劇場

作:A.R.ガーニー/訳・演出:青井陽治
出演:浦井健治×中嶋朋子
LOVE LETTERS表LOVE LETTERS裏Pの棒をぴーっと長く書きます。なんて、最初から言葉に魅力が溢れていた。
浦井くんは一本白いラインの入った、一般人にはとても着こなせない黒いスーツ。すらっとしていて素敵。中嶋朋子さんの七色の不思議な音色の声には癒される。上手い。そして浦井くんの柔らかな声と柔らかな笑顔は、望んでいたもの。

一度だけだし、と集中して聴こうと思ってはいたけど、脳の性能が落ちているので、言葉はだいぶこぼれ落ちている。他の方の感想やレポなどで補完しながらの取りとめのないメモ

続きを読む "ラヴ・レターズ" »

2014年7月 5日 (土曜日)

THE BIG FELLAH 大千穐楽



東京楽から約一ヶ月後の大千穐楽。
なんだかポエム的な感想文になっている。
旅公演の間にも変わったらしいとい聞いていたし、お稽古する気満々の演出家さんに少しもやもやしながらも進化を楽しみにしていた。



初めて行く劇場で、音響が違うからかもしれないのだけど、それにしても届いてくる声が違っていた。何度観たんだよって自分にツッコミ入れたいけど、東京公演もさんざ観たのに、受け取れていなかったことばかり、と思って、自分の理解力の無さにうんざりする。ところどころ抜けていたパズルのピースがやっと見つかって、ぴったりはまった感じがした。

できることなら、びわ湖バージョンをもう一度観たい、と思うほど、確かに完成度が増していた。

続きを読む "THE BIG FELLAH 大千穐楽" »

2014年6月 8日 (日曜日)

THE BIG FELLAH 6

エピローグ2001年9月11日 マイケルのアパート

朝。
コステロが死んだはずのバスルームで、歯を磨いているマイケルを見ると、やっぱりちょっとぞっとするような気がする。血と脳漿が飛び散ったバスルーム…とか想像してはいかん。コステロの遺体を片付けてお掃除したのはマイケルだよね。
平然とその部屋で日常を過ごしている。

続きを読む "THE BIG FELLAH 6" »

THE BIG FELLAH 5

第四幕 三場 1999年3月17日 St.パトリックス・デイ

プロローグの1972年から27年後。27年前とは違って、コステロはキルトを着ていない。
このスピーチで29年務めてきた先導役を引退するという。今までジョークを言ってきたが、今日はショッキングな話をしましょう。とコステロは語る。プロローグでアメリカ人であり、アイルランド人である、と言っていたのとは違い、私はアメリカ人です、と言う。なぜ「人間です」というだけではいけないんでしょう。プロローグと対比される変化も、このお芝居で語られたかったことだろうか。
ルエリはそう言えば、アイルランドに帰りたがっていた。
ルエリの居場所はニューヨークではなくアイルランドで、コステロの居場所はアイルランドではなく、ニューヨーク。トム・ビリーもニューヨークに根を張る。
では、マイケルの居場所はどこだったかというと、あのアパートのなかの世界。

続きを読む "THE BIG FELLAH 5" »

THE BIG FELLAH 4

第四幕 一場 1998年5月 マイケルのアパート

ルエリの表情が違う。アイルランド訛りが抜けて、ニューヨーク訛りになっているらしい。聴きやすくなっているし、戯曲にもはっきり書いてある。ほとんど英語が解らない私でも、読みやすくなっていた。
トム・ビリーはお腹がでっぷりとして、マイケルは髪の毛をあげて髭を蓄えていた。浦井くんは特別若く見える32歳だけど、あんな風貌のもっと老けた32歳もいるし、50代に見えるかと言うとあんまり見えないけど、でも時の経過は感じさせる。服装もおじさんっぽい。

続きを読む "THE BIG FELLAH 4" »

THE BIG FELLAH 3

第三幕 一場 1987年
マイケルの部屋はソファが変わっていたり、マンUのタオルがなくなり、レコードプレーヤーがたぶんCDに、スピーカーも大きくなってる。壁の飾りも変わってる。そして、舞台を観ていても気付かなかったけれど、
It now seems symbolic, a combination of an act of defiance and a memorial to ELIZABETH.
なんでしょうかね、これは。

続きを読む "THE BIG FELLAH 3" »

THE BIG FELLAH 2

第二幕 一場 1981年
9年後。美術館のルエリ。前科者で文化的なこととは無縁そうだと思っていたルエリが美術館にいる。軽口は叩いているものの、その空間がルエリには重要なのかな。一幕の中でも本気で建築士になりたいと言っていた。お調子者のように見えるルエリだけど、実は一番ブレがない。
偶然を装っているものの、カレルマとの再会は、きっと仕組まれたもので、巻き込まれていくのはマイケルだけじゃない。

続きを読む "THE BIG FELLAH 2" »

THE BIG FELLAH 1

作:リチャード・ビーン 翻訳:小田島恒志 演出:森新太郎
2014年05月20日(火)~2014年06月08日(日)世田谷パブリックシアター
内野聖陽:デイヴィッド・コステロ(IRAのNY支部リーダー)
浦井健治:マイケル・ドイル(NY在住の消防士、IRAメンバー)
明星真由美:エリザベス・ライアン(IRAメンバー)
町田マリー:カレルマ(プエルトリコ系の女)
黒田大輔:トム・ビリー・コイル(NY市警、IRAメンバー)
小林勝也:フランク・マカードル(IRA幹部)
成河:ルエリ・オドリスコル(IRAメンバー)

もう、まとめようとか、短く校正しようとか、そういうのは諦めた。

初日は前方席で、言葉の奔流に圧倒され、その言葉を発する役者さんにどうしても目がいってしまったので、それ以外の役者さんのお芝居はあまり目にはいらなかったかもしれない。ストプレはせいぜい観てもがんばって3回かな、と思っていたので、これはキツいかと。持っているチケットの枚数を思い浮かべながら、正直なところ悩んでいた。観終わってからも、どーん、とくる重さをどうしようか。
それが、後からじわじわくる。二回目の三階席は思ったほど遠くは感じず、そして初回で拾えていなかったものを拾いながら観ると、これがどんどん面白くなってくる。そして相変わらずのリピーターと化し、日本語でもないのに読むわけないと思っていた戯曲まで買って読んでしまうという、巡り会えてよかったと思う作品の一つになった。

続きを読む "THE BIG FELLAH 1" »

2013年5月 3日 (金曜日)

おのれナポレオン L'honneur de Napoléon/東京芸術劇場 プレイハウス

作・演出=三谷幸喜
ナポレオン・ボナパルト :野田秀樹/アルヴィーヌ・モントロン:天海祐希/シャルル・モントロン:山本耕史/マルシャン:浅利陽介/アントンマルキ:今井朋彦/ハドソン・ロウ:内野聖陽

下手側前方で。ステージシートは近いし、横あるいは後ろ側から観る役者さんたちの表情が見え、迫力もあって面白かったけれど、当然、正面から観た方がわかりやすい。

席の巡り合わせ、というか見込み違いでステージシート二回の後、やっと前から観られた♪
まず、舞台奥の扉の先が見えないから、初っ端のアントルマルキの登場も背中からだったし。
かつ、初日ですら流れるようなお芝居だと思ったのに、それがさらに成熟している。
20年後、ナポレオンの死に疑問を持ったビクトールに、落ちぶれた登場人物それぞれがナポレオンについて語り継いでいく。
それも後ろからだと、ただ実際にはいない、ビクトールが舞台の上につくられていたように見えたのが、正面から観たら、ビクトールと観客席が一体化してるかのように語りかけられている気がした。
20年後の姿に一番変化があるのは内野さん演じるハドソン・ロウで、嗄れた声と表情の他、背中を丸めた老人姿で登場し、それが、コートを脱ぎ、赤い軍服姿になって光が当たると、一気に物語は20年前の世界に。

続きを読む "おのれナポレオン L'honneur de Napoléon/東京芸術劇場 プレイハウス" »

2013年4月27日 (土曜日)

ヘンリー四世/さいたま芸術劇場

Image_3演出:蜷川幸雄/翻訳:松岡和子
サー・ジョン・フォルスタッフ:吉田鋼太郎/ハル王子:松坂桃李/ヘンリー四世:木場勝己ほか

ヘンリー四世キャスト
シンベリン以来の、さいたま芸術劇場。プチ遠征なうえ、上演時間が4時間20分もあるから丸一日費やしてしまう。上演時間を見ただけで疲れがf^_^;)
戯曲読んでる暇はなかったけど、リチャード三世の小田島先生の講座で解説聞いて、人気者のハル王子を見てみたい、というミーハー気分で行ってきた(^^;; いつか暇になったら、シェイクスピア読破したい・・・けど無理かな。セットの作りは、そりゃ同じ人なんだから、当然ながら、シンベリンを思い出すし、クラレンス公とかグロスター公とか出てきて、えーと?人間関係は? みたいな感じでもう家系図とにらめっこすべき。だいたい、桃李くんが浦井くんのパパじゃないか(違)

続きを読む "ヘンリー四世/さいたま芸術劇場" »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

無料ブログはココログ