ミュージカル

2014年2月27日 (木曜日)

シャーロック・ホームズ ーアンダーソン家の秘密ー

2014年1月17日〜2月27日 東京芸術劇場 ほか
演出:板垣恭一 /訳詞:森雪之丞/上演台本:中谷まゆみ
脚本・作詞/ノ・ウソン 音楽/チェ・ジョンユン

シャーロック・ホームズ:橋本さとし
ジェーン・ワトソン:一路真輝
アダム・アンダーソン:エリック・アンダーソン=浦井健治
ルーシー・ジョーンズ=昆夏美
スレニー/ヒルトン/警官/アレックス:石井一彰
ベラ/エルシー/家政婦/マギー/エマ/キャサリン:宇野まり絵
マックス/エイブ/警官/チャールズ:竹下宏太郎
レストレード:コング桑田
ポビー・アンダーソン:大澄賢也

ツッコミどころ満載で、ストーリーは辻褄が合わないし、キャラクターの性格、特にルーシーが破綻しているし。練って作られたものではなく、勢いで書かれたお話なんじゃないのかな? と思ってしまう。ホームズの本国であるイギリスと、触れることがない韓国文化とのギャップのせいかもしれない。韓国はお隣の国なのによく知らなくて、むしろイギリスの方がなんとなく馴染みがあるようなのは気のせいか。

理解はし難いのだけれど、観れば観るほどハマるのは、韓流ドラマにハマっちゃう感覚ではたぶんなくて、いつもどおり浦井くんの表情と歌声にハマっているだけではある。

続きを読む "シャーロック・ホームズ ーアンダーソン家の秘密ー" »

2014年2月 8日 (土曜日)

ザ・ビューティフル・ゲーム

2014年1月31日(金)~2月11日(火)
新国立劇場 小劇場
音楽=アンドリュー・ロイド=ウェバー/脚本・作詞=ベル・エルトン/翻訳=黒田絵美子/演出=藤田俊太郎
ジョン・ケリー:馬場徹/メアリー・マクガイア:大塚千弘/デレック・コープランド:平方元基/クリスティン・ワーナー:フランク莉奈/ジンジャー・オショーネシー:藤岡正明/ベルナデット:野田久美子/ダニエル・ギレン:小野田龍之介/プロテスタント少女:谷口ゆうな/トーマス・マロイ:中河内雅貴

ロイド=ウェバーとキャストに惹かれて観に行こうと思った。The Beautiful Gameというタイトルからはあまり連想できない内容で、後からかなり重い内容なんだ、と知る。留学していた友だちもいたし、アイルランドはなんとなく平和な国のようなイメージがあった。

続きを読む "ザ・ビューティフル・ゲーム" »

2013年9月15日 (日曜日)

next to normal@シアタークリエ

ダイアナ:安蘭けい/ゲイブ:小西遼生/ダン:岸祐二/ナタリー:村川絵梨/ヘンリー:松下洸平/ドクター・マッデン:新納慎也 

これはどう? と友人に言うと、暗い話だからと簡単に却下された。
まったく予習はせず、ただYouTubeで一曲聴いただけで、おそらくは好みだろうと思っていた。やっぱりこれは…。好みだった。

家族をテーマにしたお話はちょっと苦手だけど、一幕を観終わったときにはもう、もう一回観たい、と強く思ってしまった。

続きを読む "next to normal@シアタークリエ" »

2013年8月26日 (月曜日)

二都物語 その2

★世界はまともじゃない
バーサットが行きつけの、ヤギのはらわたという居酒屋。変な名前…。カートンの住んでる?居酒屋とは違うのかなんなのかはわからないけど。なんせ、客が同じ。
カートンは二階から登場する。
クランチャーがテーブルに置いておいた時計をさりげなく自分の服にくっつけるカートン。酔いつぶれたフリをして倒れてるときにその時計をバーサットが見つけて盗っちゃうけど、これバーサットが盗まなかったらどうするんだ?という都合のいい展開(笑)カートンはバーサットと一緒に飲んで油断させ、チャールズに濡れ衣を着せるってことをしゃべらせちゃう。

続きを読む "二都物語 その2" »

二都物語 その1

この夏、時間のほとんどを二都物語に費やした…
観るのに&仕事が忙しくて吐き出せてないのだけど、とあえず途中までの覚書。完成するかは謎だ。
読み直してないから、あとで修正する可能性大。
自分でもバカみたいと思いながらも、魅入られてチケット追加…
いや、ほんとは観る前の最初っからかなり先物買いしてた分、好みじゃなかったらどうしようかと心配してたのは杞憂に終わる。ハマりまくって追加するとか、もうひどいことに。
でもすごく楽しかった。こんなことは二度とない、はず。
たぶん。身が保たないから。

シドニー・カートン:井上芳雄/チャールズ・ダーニー:浦井健治/ルーシー・マネット:すみれ/マダム・ドファルジュ=:濱田めぐみ/ドファルジュ:橋本さとし/ドクター・マネット:今井清隆/バーサッド:福井貴一/ジェリー・クランチャー:宮川浩/サン・テヴレモンド侯爵:岡幸二郎/ジェービス・ロリー:原康義/ミス・プロス:塩田朋子/ストライバー:原慎一郎/殺される若者:寺元健一郎

プログラムに記載のあるMUSICAL NUMBERSに沿って書いてみる。

続きを読む "二都物語 その1" »

2013年7月18日 (木曜日)

二都物語 初日@帝国劇場

日本初演の初日。しかも帝国劇場。
早退しないと観られない時間なのが難点。舞台上だけではなく、ロビーや客席にも張り詰めたような緊張感があり、かつ華やな雰囲気がある初日って好きだ。
とりあえずプログラム購入。今更ながら、プログラムを先に読むと、ネタバレだったりすることも多いから見ないで、終演後に写真をぱらっと見たら・・・私は基本的にはプログラム買う人だけど・・だから余計お金かかるけど(^^;; 普段買わない人も、買うべき。くらい言えそうなステキ写真がいっぱいだった。
後半にはぜひ舞台写真入り版プログラム出して欲しいけど、出ないかなぁ。カートンまたはダーニーのファンは買う人多いと思う。

続きを読む "二都物語 初日@帝国劇場" »

2013年6月30日 (日曜日)

TATTOO14@シアタークリエ 初日&2日目

2013年6月29日、30日
終わってからじわじわ響いてきた。これ、好き。

ストーリー的には複雑なものではないし、どんでん返しが起こるわけでもないし、ありがちな?アメリカ的なお話。
他のスカイを観てないので比較もできないけど、浦井スカイの優しげな表情と言葉はやっぱり素敵で、それが優しいまま、歌声には力強さが加わって、劇場全体隅々にまで響き渡る。まぁ、私自身は一人しかいなかったので、たぶん、想像では。とにかく声が届く。伸びて沁みる。
初日は7人の女性陣も、初日らしい緊張感があって、歌の上手い人たちばかりだけど、それでも完全じゃない、という感じがし、そのうえ浦井くんが微妙に馴染んでいないような(^^;;
2日目は劇的に7人の声がまとまった気がした。
何がどんな曲で何がオリジナルなのかはよくわからないけど、知っている楽曲が散りばめられていて、終わったあとで検索してみたら、いろんなものが使われてるんだなぁ、と思ったのだった。

続きを読む "TATTOO14@シアタークリエ 初日&2日目" »

2013年4月25日 (木曜日)

レ・ミゼラブル プレビュー@帝国劇場

バルジャン:吉原光夫/ジャベール:川口竜也/エポニーヌ:平野 綾/ファンテーヌ:里アンナ/コゼット:青山郁代/マリウス:山崎育三郎/テナルディエ:萬谷法英/マダム・テナルディエ:谷口ゆうな/アンジョルラス:上原理生

降板やら怪我やら直前のキャスト変更やら、ついに公演中止になって、前代未聞状態の新演出レミ。
四季はそんなに数多く観てないけれど、四季時代のキムさんが苦手だったので、福井バルと吉原バルでチケット取ってたら、ほぼ吉原バルになってしまった。吉原ジャベと福井バル福井ジャベ、無事に観られるのだろうか…。
この時点ではまさか公演中止になるとは思っていなかったプレビュー3日目、福井バル初日&育マリ出演、かつ新演出を早く観たい&できれば安く、という動機付けのMy初日だった。バルジャンは変わってしまったけど。ジャベ、マリウスとアンジョ以外のキャストは初日だし、プレビューだから完成度は低くて仕方がないけど、だからB席で。
キャスト的には総オーディションで有名無名問わずに実力で勝ち残った役者さんたちのはず、とは思いながらも、前回出演者もあり、自分の好み的にこの人観たい、というのはほとんどない。

続きを読む "レ・ミゼラブル プレビュー@帝国劇場" »

2013年3月28日 (木曜日)

スマイル オブ チャップリン ACT3 チャップリンコンサート

★Mandlin Serenade「ニューヨークの王様」/Everly
まずは一曲 ヴァイオリンの音が素敵に聴こえる。曲が終わると、MC役の井出卓也くん、輝馬くんの若い二人が登場し、曲紹介とともに、なんとなく危うい感じで(笑)始まった。なんでしょう、この将来有望株っぽくて好印象な二人。イデタクくんはコーヒープリンス1号店で一回見ていたらしい。自分の感想文を読み直すと、うん、笑いのツボがわからないとか、いっくんより浦井くんの方が骨っぽいとか、どうでもいい感想しか書いていないし。でも、薄ぼんやりした記憶では、なんだかKYっぽいアイドルみたいな子がいっくんに懐いてる、みたいなそんなイメージだったかも。
27日はマチソワ同じことを台本通りにしゃべっていたみたいだけど、28日はちょっとアレンジされ、ついに千秋楽です、初日が昨日のことのようです、なんて笑いをとる。

だから、浦井くんがしっかりお兄さんに見えてしまった。見えてしまった、という言い方はどうかと思うけど、年齢差あるし比ぶべくもないことではある。この間までのシャルルのイメージが強いからだいぶ大人になった感じがしちゃう。
名前を紹介されて舞台に登場した浦井くんの燕尾服姿。タイは、チャーチルという結び方らしいとのこと。
これも、ひゃあ(((o(*゚▽゚*)o))) という感じ。かっこいい!顔ちっちゃい。足長い。表情は可愛い。

続きを読む "スマイル オブ チャップリン ACT3 チャップリンコンサート" »

スマイル オブ チャップリン ACT2 My Man Friday〜チャップリン秘書・高野虎市

高野虎市・チャップリン:石丸幹二/高野ユリコ・夏川静江:彩乃かなみ/矢木茂雄・高野虎市:浦井健治/犬養健:井出卓也/青年将校・三上卓:輝馬 ほか
チャーリー・シストヴァリス

舞台には本棚、テレビとソファーとお花。衣装とメイクが変わって、石丸さんの年齢が上がり?高野さんに。
さっきまで夫婦だったのに、今度は親娘な石丸さんと彩乃かなみさん。後で父が…というセリフがくるまでは、やっぱり夫婦なのかと思ってた。夫婦でもお父さんとか、呼びかけたりする人いるし、セリフ回しも服も若っぽくなかったから(^^;;あまり娘に見えなくて。そういう時代の人設定だから。
記者役で登場した浦井くん。
メモを取る手に持っているペンは、まさかフリクション? に見えるんだけど??
スーツでネクタイの衣装がちょっとぴっちり? テレビがある、と屈んだとにシャツが出てるのがちょっと気になる。
それは忘れることにして。って、しっかりメモしてるけど。

それはともかく、高野さんの回想を通して、チャップリンが語られた。後方にはチャップリンの写真が大きく映されていた。チャップリンにご縁がなかった私のような初心者にもわかりやすく紹介されている、というような感じ。

続きを読む "スマイル オブ チャップリン ACT2 My Man Friday〜チャップリン秘書・高野虎市" »

より以前の記事一覧

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

無料ブログはココログ